肌にいい食べ物

わたしたちの身体は、良くも悪くも、わたしが食べたものでできています。肌トラブルの原因はさまざまです。なかには原因不明のものも多いかと思います。わたしができることのひとつとして、トラブルに対して強い肌を作ることをめざしてみてはどうでしょう。身体の内側から、つまりわたしが食べる食物のなかで、肌を強くする栄養を多く含むものを積極的にとるのです。

微量でも強力な働きをするビタミン。なかでも皮膚や粘膜の強化し、肌トラブルやしわに役立つといわれているのは、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンA、およびビタミンKです。

●ビタミンB2・・・皮膚や爪、髪を健康に保つ働きがあります。成長促進、動脈硬化、老化、がんの誘因となる過酸化脂質の生成を抑制する作用をもつすぐれものです。
欠乏すると、広角炎、舌炎、口唇炎、および脂漏性皮膚炎の原因になります。
ビタミンB2を多く含む食品は、うなぎ、強化米、焼き海苔、レバー、など。
さっそく今夜は、ニラレバ炒めなどいかがでしょう?

●ビタミンB6・・・たんぱく質の代謝に関与するビタミンです。皮膚、髪、歯をつくるのに不可欠です。成長促進、脂質代謝、ヘモグロビンの合成にも関与します。

●ビタミンC・・・細胞結合組織・コラーゲンの合成を支持します。血管、皮膚、粘膜、骨の強化に役立ちます。

●ビタミンA・・・がん予防で有名ですよね。皮膚、粘膜の機能維持効果があります。

●ビタミンK・・・必要量の1/2は腸内細菌が合成します。

サイト内関連記事

肝斑(かんぱん
30歳をすぎた頃からでしょうか、女性の頬や、目のまわり、額に濃淡のむらがある淡い......
主婦湿疹
「主婦湿疹」は、「進行性指掌角皮症(しんこうせいしょうかくひしょう)」とも呼ばれ......
いわゆるじんましん
蕁麻疹(じんましん)というのは、かゆみを伴った局部的な皮膚の浮腫(むくみ)と紅斑......
肌のトラブルに注意した生活
肌に何らかのトラブルがあるとき、特に肌トラブルのなかでもっとも多い、発疹がある場......
クレンジングの重要性
肌の汚れ、特にお顔の肌汚れには、ファンデーションなどによる「油性の汚れ」と、皮膚......
汚れをしっかり落す
スキンケアの基本は、まず何よりも「洗浄」です。つまり肌にとって不要なもの、「汚れ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

骨盤底筋の体操で尿もれ筋肉が:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.as-web.ne.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

  • 相互リンク